FC2ブログ

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ 再び その2

前回は ソープ液 と 空気 の通り道 に問題が無いか?を確認したのですが、ついに問題個所を特定出来ませんでした。

DSC03277.jpg


ブログは2回に分けてますが、実際には続けて作業してますので、「出来ませんでした」で作業は止まった訳ではありませんw


今度は、前回はあまり触れなかった空気ポンプ、フイゴ式になった方を確認していきます。

上蓋を外した状態で動作確認すると、問題無く動いてます。


とりあえず、このピンクのゴム・パーツ=フイゴを外してみますかw

DSC03278.jpg


ちょっとコツがありますが、ピンクのゴムの底部分がどうなってるのか?よく見てやれば外し方が判ります。特定の方向にずらせば外れる様になってます。

DSC03283.jpg


外した跡の、底の部分を見ると穴にスリットが入ってるのが判ります。ちなみに、再装着時は、真上から押し込めばOK。外す時は、スリットの方向にずらせばOK。


このピンクのフイゴを外した状態で動作確認。既に前回時点で、この分解した状態では普通に動く事が判明しています。

なので当然、普通に動きます。


う~ん・・・そりゃそうだわな。 しかし、何か問題を抱えてる筈なんですよね・・・


結局、どこの何が原因なのか不明なまま、元に戻して、上蓋を閉めて・・・そのまま一度、しっかり組み直して動作確認。


ガガガガッ!!


・・・動かんのかぃ!!


ええ??なんだこれは?たった今まで動いてたのに??? 動いてたのはたまたまなのか??



もう一度、当然ながら分解して動作確認しても、もう動かな・・・、、、


いや、動くんかぃ!!


今度は液体側のシリンダーも取付た上で、フイゴ側の上蓋のネジを締めずに、軽く手で押さえた状態だと・・・?


おお、動くんやん! 液体側のポンプも正常に作動してます。


で、ネジで締めると・・・?


・・・動かんのかーぃ!ww



どうやら原因を突き止めた模様ww


このフイゴの部分の上蓋をネジで締めると動かなくなります。それ以外の他の部分には問題は無い様です。


      ん~・・・で?


一体、何ででしょうかね?どういう事なのか全くピンときませんw

そして・・・。

色々と実験を繰り返す内に以下の事が判明しました。

・このフイゴは、下から突き上げられて収縮し、空気を送り出す。
 ↓
・フイゴであるピンクのゴムパーツが収縮する際、ゴムが内側にシワを作って折り畳まれるのが正常な動き
 ↓
・しかし何故か、正常に内側に折り畳まれずに、外側に膨らんでシワを作ろうとする癖が出来てしまった。
 ↓
・分解された状態だと、空間に余裕があるので、外側に膨らんでもどうにかフイゴは収縮出来た。→動くんかぃ状態
 ↓
・しかし、ネジで上蓋をしっかり締めて空間的な余裕を無くすと、外側に膨れきれない。=折り畳まれない。
 ↓
・ゴムがちゃんと折り畳まれず、しっかり収縮出来無くなる事で、フイゴを下から持ち上げて収縮させる側のピストンが動けなくなり、そこで動作不良となる。→動かんのかぃ状態



ピンクのゴムパーツには、確かに外側にシワを作る癖が出来てしまっております。

DSC03284.jpg


この癖、どうして突然発動しちゃったんでしょうかねw  まぁ、その原因が解明される事は無いでしょうw

しかしつまり、これは新しいゴムパーツが無いと修理不可能なんじゃないか?という事になってきました。

DSC03285.jpg


ゴムパーツの折れ具合、シワの癖をどうやって矯正するか?これはかなり難問です。

アレコレと考えた挙句、内側に向かって力が加わってる状態であれば、上下からの圧縮に対して、内側に折れ込むのでは無いか?と思いつき、実験的に輪ゴムを軽く嵌めてみました。

DSC03286.jpg


すると。。。


このほんのちょっとの圧力によって、見事!フイゴは正しく収縮してくれました。ネジをしっかり締めても正常に作動します!!


しかし、まだ問題は残ります。


こんな輪ゴムを軽く嵌めただけの状態では、何度も伸縮運動させれば確実に輪ゴムが下にずり落ちて外れてしまいます。


しばらく悩んだのですが妙案が浮かばず、頭が疲れてきた結果、「接着してしまえばええやん!!」というアホな考えが脳裏をよぎってしまいましたww

で、思考停止のまま、ゴムでもしっかり接着してくれる接着剤で実際に接着してしまいました。

DSC03293.jpg


乾燥するまでの間に、他の用事を済ませたり、夕食を食べたり、入浴したり。

すっかりリラックスして、ようやく自分が何をしたのか?に気が付いて愕然としましたw


輪ゴムを、ピンクのゴムパーツに接着してしまったので、輪ゴムはそれぞれの位置に接着されてしまい、輪ゴム自身は収縮出来なくなってしまった訳です。

自由に動けるから収縮できる訳で、固定してしまえば輪ゴムは収縮出来ません。


ん~・・・アホですね~w


しかし、やってしまったものは仕方がありませんので、しっかり乾燥し、輪ゴムがガッツリ固着してしまった状態で動作確認。


これが意外と・・・www


意外にも正常に動作してくれました!ww

輪ゴムを固着させてしまったので、内側に引っ張る力は弱まってしまいましたが、外側に膨らもうとするのを阻止する力は残ってた様です。

DSC03294.jpg


なので、ピンクのフイゴは、ほんの少しだけ外側にシワを作るのが困難となり、より楽にシワが作れる内側に折れ曲がってくれる様になった、という事が判りました。

この状態で何度も動作確認しましたが、確実に正常動作する事が確認出来ましたので、このまま全て元通りに組みなおしました。もちろん、またマスキングゾルで簡易防滴処理も施しました。前回よりも雑ですがw

DSC03297.jpg

念の為に実際にソープタンクをセットしての動作確認も全く問題無く正常に動作しました。


遂に修理完了です。


先にも書きましたが、この時点で、先に修理した旧型が全く問題を起こさずに正常に働いてくれてるので、次は旧型が壊れるまで、この修理完了した新型を控えに回すこととしました。

ハンドソープディスペンサー(旧型)を初めて導入したのが2018年。1年間の活躍の後、途中で故障し控えに回ってましたが、2021年現在も現役で活動中。

2019年に購入した新型は、昨年2020年にやはり約1年間の活躍の末に故障。しかし、どうにか再生して現在は控え選手。

新旧合わせて、購入代金は約3,000円で、3年使ってますので、現時点で1年あたり1,000円です。

すると1カ月あたりでは、90円以下になります。このコストは、今後は両方が壊れて使えなくなるまで下がり続けます。

まぁ、実際にはこれ以外に、交換用のソープ液代と電池代が掛かりますので、もう少し費用は掛かりますね。

しかし、どっちにしても、得られる効果から考えるとめっちゃ安い買い物だと思います。

なので、周囲にもおススメしてる商品です。

お試しあれ!


    

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ 再び

去年、突然、立て続けに故障したハンドソープディスペンサーですが、コチラの記事にある通り、なんじゃかんじゃで治ったのでした。

今までの経緯は・・・

旧型が故障→新型を購入→旧型が回復→新型が不調→旧型に交換→旧型故障→

→新型現役復帰へ & 旧型修理完了控え枠へ。


こういう経緯で、結局は修理した旧型は再びお蔵入りとし、復旧した新型が現役として活躍してくれていました。

ああ・・・それなのにw


2021年に入ってからのある日。

突然、新型のハンドソープディスペンサーが、「ガガガガガッ!!!」と謎の、しかも今にも何かが物理的に破壊されそうな異常な音を鳴らしつつ、しかもソープ液も全く出さなくなりました。


・・・またかよ・・・


何かが引っ掛かってる様な音がするので、モーターは動いてるけど、歯車関係の回転が阻害されてる感じでしょうか。

前回は故障では無く、タンクの設置ミスだった訳ですが、今回は間違いなく故障です。


さて、どこか既視感がありますが、こんな場合に備えて旧型がスタンバイしてますので、早速再登板させました。ちゃんと修理して保管しといた甲斐がありましたw

控えに回ってた旧型選手は、今回は即座に役目を果たし始め、実は今も登板中ww

なので、この旧型はこのまま壊れるまで使う予定です。

DSC02303_20210222001508d0c.jpg


さて、故障した新型ですが、今度はちゃんとした(?)修理となりましたので、その顛末をご紹介。



症状は、、、

・「物凄い異音。」
・「ソープも出てこない。」


の2つです。


前回、分解しようとして途中で止めたのは、途中まで開けた時点で中身に問題が無さそうだった事と、実験によってそれが証明出来てしまった事が理由でした。

旧型の分解はそこまで難しくは無かったのですが、新型は途中までもかなりの難関でしたので、ちょっと心配ではありますが、最初の最難関部分は乗り越えてるので、何とでもなるだろうと思いながらの作業開始です。

DSC03250.jpg


まず、前回、ドリルで穴を開けてるので、本体上部カバーの取外しは簡単です。

DSC03251.jpg


簡易防水用に塗ったマスキングゾルを剥がしてネジを外して、パーツオープナーでこじ開けます。

前回はここまででしたが、この時点で動作確認した所、やはり異音がするだけでソープは出てきません。

感じ的には、前回の旧型の故障と同じ原因な気がしますね・・。

ただ、旧型の故障時には、こんな異音はしませんでした。あの時は、モーター音はするけどソープが出てこない、という症状でした。

さて、本体を取り出したいのですが、この光センサー部分が、旧型の様に外れてくれません。ガッツリ接着固定されてます。

DSC03253.jpg


どうにか外そうと、接着剤部分をナイフで削ったりしてみたのですが、ビクともしません。迂闊な事をすると断線して終わりです。ここで断線すると恐らく修復は不可能です。


・・・これは困りました。。


で、ネットの海に救いを求めてみた結果、やはり先達がいらっしゃいましたw

詳細な説明はありませんでしたが、センサーが固定されてる下のパーツごと外しておられる映像があったので、試しにパーツオープナーで強引に引き剥がしてみました。

DSC03257.jpg


もちろん、ここを外さないと前に進めず試合終了なので、破損覚悟というか、破損前提で、とは言え慎重かつ大胆に全力で剥がします。

バリっという音とともに剥がれてくれましたw

DSC03259.jpg


たぶんこれは運が良かっただけでしょうね。どう考えても、破損して当然ですので。

ま、しかし幸運にも大きな破損にはならず、パーツ取付用の足は全て折れてしまいましたが、ぶっちゃけ、こんなもんどうでも良いですしw

ここが外れたので、胴体にあるセンサー部分を、ボディに押し込みながら、本体を抜き出していきます。

DSC03258.jpg


はい!抜き出せました!

DSC03260.jpg


電池もそのままに抜き出せます。分解については、最初のネジ部分もそうですが、破損を伴う必要がかなりあり、これは旧型の方が親切設計ですが、新型はその分、コストダウンに成功してますので、壊れさえしなければ、新型の方が消費者にはありがたいですよね。壊れさえしなければ


ここからは、内部に溜まったままのソープ液が漏れ出して来るので、プラケースの蓋の上で作業します。

DSC03263.jpg


さて、この状態でもセンサーの位置さえ合わせれば動作確認が可能です。これは旧型も同じ。

動作させて見ると、やはり動こうとして何かに引っ掛かって空回りしてる模様。

DSC03266.jpg


更に分解を勧めていきます。

DSC03267.jpg


このピンクの部分が伸び縮みする事で、空気を送り出し、それで泡を作ってる様ですね。旧型はピストン形式でしたが、新型はフイゴ形式になったようです。

パイプ類もどんどん外していきます。こちらの中央の丸い部分がピストンになってて、これがソープ液を押し出す役目を担ってる模様。

DSC03269.jpg

ここが一番怪しいですね。劣化や汚れによってこの内部の摩擦が大きくなってピストン動作が阻害されてる可能性があります。と、言いますか、旧型はそれが原因でした。

DSC03270.jpg

正確には、ここと、隣にある空気送出用のもう一つのポンプのどちらか、あるいは両方が原因だったようなのですが、今回のこの新型は、その空気送出用のシリンダーが、フイゴに置き換わってますので存在しません。

旧型の2つのピストン

DSC03271_02.jpg

新型のピストンとフイゴ

DSC03271_01.jpg

上の画像の「A」と「B」はそれぞれ同じ役割を果たす装置です。旧型はポンプのシリンダー内部とピストンをクリーニングした上でソープ液を塗り、摩擦係数を減らすことで元通り動作する様になったので、今回も同様にやってみたのですが、今回は駄目でした。原因はここでは無かったようです。残念・・

DSC03272.jpg

・・・ん~、このどこに問題が隠されてるのでしょうか?

今度は、この、空気を押し出すゴムチューブですが、これが詰まってしまってました。これが詰まってると、ピンクのフイゴが収縮出来なくなる可能性がありますよね?ね?

DSC03273.jpg

・・・早速、洗って見ましたが効果ありませんでしたw

DSC03274.jpg

他にもこの関連しそうな部分は全て洗浄しましたが、やはり駄目。

DSC03276.jpg

考えられる部分を全て洗浄しましたは、どうもそういう事では無いようですね。

しかし!

何気なく、この状態で動作確認した結果、普通に稼働したんですよねーww

もちろん、チューブ類を外してるので何も出て来はしませんが、あの今にもバラバラに壊れてしまいそうな異音は発生せず、通常の動作音だったのです!

なんだろう、これは。


まだ長くなりそうなので、一端ここで中断。次回に持ち越します。


    

牛スジカレーに初挑戦! 

新しい年になりましたが、世の中の状況は何が好転するでもなく、ただひたすら忍耐の日々ですね。

さて今回は、以前から挑戦してみたかった「牛スジカレー」に挑んでみました。

我が家で作るカレーは基本的にチキンカレーが多く、ビーフカレーは滅多に作りません。

理由は、牛肉はある程度の大きさで食べたいですが、それを柔らかく調理するのに圧力鍋を出してきて、また洗って元に戻すのが面倒だから、ですw

ガッツリ歯応えのある牛肉が入ったビーフカレーは嫌いなのです・・・ええ。

なので、牛スジカレーも、柔らかく出来るかどうか?が重要で、それが面倒なので今までチャレンジしてきませんでした。

基本知識としては、牛スジというか、肉もですが、硬い部分はじっくり煮込む事でコラーゲンが分解されて柔らかくなる、という事なので、時間をかなり掛ければどうにかなりそうです。

なるほど、圧力鍋を出してきて使って洗う面倒さを取るか、時間を掛けるか、ですね。


どうせ、暇ですし・・・orz


さて、メインの牛のスジ肉ですが、生の牛スジより冷凍の方が若干安価なので、初挑戦で失敗してもダメージが少なくて済む冷凍の物でやってみます。

それと、当然ながら圧力鍋は使いません

圧力鍋を使うと、より早くより柔らかく調理出来るのは判ってますが、普通の鍋だけで煮込んでどうなるか?が知りたいので。

DSC02945.jpg


今回は、業務スーパーの冷凍 牛赤身スジ肉。1Kgで798円(税別)くらい。

DSC02948.jpg

美味しそうですね~!!

業務スーパーだと、生のスジ肉は100gあたり100円~で売ってますが、常時かどうかは知りません。

他のスーパーだと、スジ肉はスジの部位や牛種によって値段が変わりますが、これが意外と高くて、100gで150円~300円とかはするので、将来的にはやってみたいですが、今回はこの業務スーパーの冷凍 牛赤身スジ肉 で挑戦です。

DSC02949.jpg


裏面を見ると、お肉はオーストラリア産という事。我々にはお馴染みの庶民の味方、オージービーフですね。

調理ですが、アクを取りながら1時間くらい煮込めば良いとの事ですが、もちろん、そんな生温い事をやって1㎏もの素材を無駄にしたくはありませんので、もっと煮込んでいくことにします。

まずは、水に凍ったままのスジ肉を放り込んで沸騰させていきます。

DSC02955.jpg


沸騰するとアクがどんどん出て・・・いや・・・出るには出ますが、思った程は出ませんでしたww

ともかくアクを取っていきます。

DSC02957.jpg


1時間ほど煮込んで、一度、ザルにあげます。「煮溢す(にこぼす)」という作業ですね。

DSC02959.jpg


これでかなり汚れやアク、そして余計な脂分を捨てる事が出来ました。この時点ではやはりまだ固い感じがします。

それと・・・結構、脂分が溶けて出ていったり、肉が縮んだというか嵩が減りましたねw

DSC02956.jpg

二回目の煮溢しは、土生姜のスライスと一緒に行います。他に屑野菜とかがあれば、放り込めば良いのですが、そんなものが都合よく手元にある訳も無いので生姜のみで。

DSC02962.jpg


今回はこのまま更に2時間煮込みました。かなり柔らかくなってますが、まだまだw

DSC02964.jpg


で、再び煮汁を惜しげも無く捨てますw かなり美味しそうな脂の層が出来てましたが、今回は捨てました

DSC02967.jpg

なんか・・・一段と少なくなった?小さくなった?という感じがしますが・・・ま、しゃーないw

そのまま一端冷蔵庫に入れて、翌日のカレーの調理まで放置です。

この冷蔵で何がどうなるという話では無く、ここまでが翌日のカレー作りの為の仕込みという訳ですw




さて、翌日、いよいよカレーの調理開始。


まず、煮込んで随分縮んでしまったスジ肉がヒタヒタになる量の水に放り込んで、改めて煮込んでいきます。

DSC02970.jpg

この際、水に、粉末和風だし、酒、みりん、醤油、おろし生姜、おろしニンニク等を加えて、和風っぽい出汁にしておきます。

DSC02971.jpg


その横で、玉ネギのみじん切りを炒めていきます。玉ネギが飴色になってきたら、そこに100%のトマトジュースを適量投入。

DSC02972.jpg

トマトジュースの水分が飛べばOK。これが我が家秘伝(え?)のカレーのベースです。

DSC02976.jpg

このカレーベースを、和風っぽい出汁で牛スジを煮込んでる鍋に放り込み、しっかり炒めた他の野菜も投入。

DSC02977.jpg

チューブの生姜やニンニクや唐辛子を適量入れながら、味を整えていきます。

DSC02975.jpg

最後に市販のカレールーを味見しながら適量投下して完成。

DSC02978.jpg

市販のカレールーは、今回はマニアックな個性は無くともバランスの取れた定番の、ハウス・バーモントカレー甘口を使用。

チューブ唐辛子で辛味を追加してるので、完成品はかなりピリ辛です。

では実食。

DSC02979.jpg


おおおーー!!!!


めちゃくちゃ旨い!!! これは個人的にですが、自作カレーとしては近年に無い高い完成度!!!

牛スジ肉もトロットロに柔らかくなり、しっかり脂を抜いたことで、決してしつこくも無く、丁度良い煮込み具合。

牛スジ肉の脂の甘さと、玉ネギの甘さとが、強烈のコクを生み出しており、しかも牛肉特有の香りもしっかりありながら、決して臭みでは無く、旨味となって調和されて、最高の味わい深さとなりました。

これはウマい!


いや、マジで手間暇を掛けた甲斐がありました。

牛スジカレー、まだ改良の余地はありそうですが、大変満足のいく出来となりました!!

是非ともまた挑戦してみたいと思います!

大変な一年。2020年

波乱の2020年が暮れようとしています。

文字通り、青天の霹靂 に見舞われた如くの一年でした。

個人的にも、これまで色んな事があったにも関わらず、ここ15年程は安定した日々を過ごしてきたのですが、それが突然のコロナ禍により、個人で営んできた事業の売上が激減し、収入が途絶えて回復する見込みが無いまま今に至ります。

当然、このままでは家族が生きていけないので他の事業への転換や、どこかで雇ってもらえないかなどと、色んな模索をしてきましたが、もう良い年齢ですので、そんなに簡単にどうにかなる話でもなく、以前の様に気力や体力が充実してる訳でもありませんので、かなりの窮地に追い込まれてしまいました。


しかしまぁ、そんな事を言ってても仕方ありませんので、新年もまた新しい生活の糧を求めての苦闘が続く訳です。


さて、そんな2020年ですが、なんと、最後の最後まで波乱含みの様で、どうも30日~31日、更には元日以降まで、日本列島は大雪に見舞われそうだという事です。


先日、16日に日本海側を襲った大雪で、新潟でとんでもない数の車両が高速道路上に立ち往生させられ、救出に3日を要するという事件が発生したばかりです。

しかも今回は、それを上回る予想となっており、日本海側の豪雪地帯は勿論、瀬戸内や太平洋側の平野部でも積雪が予想されています。

30日、31日に移動を予定してる方々も多いと思うので、事前に予想されてる悪天候を充分に考慮した上での行動が必要ですね。


また、31日は朝から積雪で交通網が麻痺してる可能性があるので、できれば明日30日中に、必要な買い物等は終えておく方が無難です。

通常?の年末の買い物に加えて、16日の大雪によって各地で発生した様な停電や断水などのインフラ停止に備えておく事も重要かと思われます。


という訳で、実は、2020年最後のブログは別の記事を用意してたのですが、準備してるその他の記事も含めて新年に改めてUPしていこうと思います。


では、来年こそは良い年であります様に。 良いお年を。

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ 故障と修理 その3

【旧型の故障と修理】

さて、新型の故障というか不調の原因が判り、それを修正することで新型は順調に動作を続けています。

では次に、旧型の検証を行います。

DSC03134.jpg


症状は、、、

・「モーター音はするけど液体が出て来なくなった」
・「一回、出て来る様になったけど、またすぐ出て来なくなった」

の2つです。



旧型ですが、新型と同じ原因(タンクの装着ミス)では無いことを確認し、やはり分解してみることに。

DSC03158.jpg

DSC03139.jpg


旧型は、電池ボックスの周囲にネジがあるので、普通にそれを外し、新型同様に上部のパーツをパーツオープナーでこじ開けます。分解は新型より簡単ですね。

DSC03140.jpg


この時点で、やはりモーター自体は動いてる様なので、中で液漏れが起きてる様子は全く無いのですが、一応、新型の時と同じように、チューブを装着して水漏れチェックしてみました。

ポンプ機能に問題が無ければ、水はちゃんと出て来る筈です。

がしかし、、新型の時とは異なり、この旧型は、この方法では水が出てきませんでした。

つまり、ポンプが正常に機能してないのは確実です。


・・・こちらは、ちゃんと故障してるっぽいですねw


このままではこれ以上の事が判らないので、本体を取り出してじっくり取り組むことにw

本体の取外しは割と簡単で、ちょっと頑張れば普通に筐体から取り外せます。

DSC03143.jpg


あちこち手で触ってみたのですが、やはり液漏れの痕跡は全くありません。

で、センサーの角度を合わせて駆動テストしてみると、確かにモーター音はするのですが、ポンプの駆動部が全く動いてません。半透明なのでそれが目で確認出来ました。・・・見た感じ、動こうとはしてるのですが動けない、という感じでしょうか。

DSC03146.jpg


いや、目で見て確認するのは大切ですね。

なので、さらに分解作業を勧めます。ちなみに、この先の分解作業をする場合は、この部分のネジを先に緩める必要がありますので、もし挑戦する場合は要注意です。

DSC03156.jpg


分解してみると、さっきまで薄っすらと内部に水色と黒のラインが見えてた部分がシリンダーであって、内部のライン部分そのものがピストンのパッキンだったことが判りました。

DSC03147.jpg


この剥き出しの状態で駆動テストしてみると、二つのピストンは正常に動きました。

DSC03154.jpg


おお!故障原因を発見!



間違いなくさっきまで動いてませんでしたからね。


つまりは、モーターも生きてて、中の歯車的なアレやコレやも正常だという事なので、この部分をそーっと元の状態に戻した上で、もう一度、駆動実験。


すると、なるほど、このピストンがシリンダーの中ではスムーズに動けない様です。


たぶんですが、ゴム・パッキンの劣化か汚れによって摩擦が大きくなり過ぎてるか、最悪は何かに引っ掛かってしまうのでしょう。


という事は、ゴムを取り外して洗浄するのが基本でしょうが、このゴムはかなりしっかりハマってるので取り外すと致命傷を受けそうなんですよね。

なので、物は試しですが、一応、ゴムの部分は、ソープ液でそーっと拭くだけにして、シリンダー側をしっかり拭いてた上で、内部にソープ液を塗りたくってみましたw

DSC03155.jpg



これで摩擦係数が減れば、ピストンはスムーズに動く筈です!


その状態で、他のパーツも一応確認したりしながら、もう一度組み立てて実験。

はい!普通にサクサク動く様になりました!


何度も何度も動作確認を行った結果、大丈夫そうなので、このまま組み立てて、さらに実際にタンクを取付て動作確認

問題無し!

と言う訳で、旧型の故障の原因究明と修理は完了しました。

旧型の方は、再び動かなくなる可能性は充分ありますが、本当に動かなくなるまで、できるだけ修理して使おうと思います。



【総評】

分解して判ったのは、内部のチューブが外れたり破れたり、という故障の可能性は低いんじゃないか?という事です。

可能性があるとすれば、今回の様なピストン機能が汚れや劣化で損なわれるだとか、タンクの装着ミスで液漏れを起こして、電池ボックスが錆びたりショートしたり。

その他の可能性としては、モーターそのものが壊れる、センサー部分が壊れる、といったパターンくらいじゃないでしょうか?

逆に言うと、故障時にチェックするのはその程度で充分じゃないかな、と思います。それで駄目なら諦める方が良いかなぁ、とw

また、今後、新型の方でも同じ事が起こる可能性は高いので、その際はこれを参考にすれば良いと思います。


という訳で、新型も旧型も、どうにかお手上げにはならず、何とか問題点を洗い出し、対策を施したお陰で今も順調に我が家の役に立ってくれている次第です。

壊れずに、あるいは壊れても簡単に修理出来るなら、これはめっちゃお買い得なハンドソープディスペンサーなんじゃないか?と思います。






ランキングと本家サイト
カテゴリ
プロフィール

inular

Author:inular
INULAR.NETの管理人による、寝言とか小言とか、そういうアレです。はい。

最新記事
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ