FC2ブログ

大変な一年。2020年

波乱の2020年が暮れようとしています。

文字通り、青天の霹靂 に見舞われた如くの一年でした。

個人的にも、これまで色んな事があったにも関わらず、ここ15年程は安定した日々を過ごしてきたのですが、それが突然のコロナ禍により、個人で営んできた事業の売上が激減し、収入が途絶えて回復する見込みが無いまま今に至ります。

当然、このままでは家族が生きていけないので他の事業への転換や、どこかで雇ってもらえないかなどと、色んな模索をしてきましたが、もう良い年齢ですので、そんなに簡単にどうにかなる話でもなく、以前の様に気力や体力が充実してる訳でもありませんので、かなりの窮地に追い込まれてしまいました。


しかしまぁ、そんな事を言ってても仕方ありませんので、新年もまた新しい生活の糧を求めての苦闘が続く訳です。


さて、そんな2020年ですが、なんと、最後の最後まで波乱含みの様で、どうも30日~31日、更には元日以降まで、日本列島は大雪に見舞われそうだという事です。


先日、16日に日本海側を襲った大雪で、新潟でとんでもない数の車両が高速道路上に立ち往生させられ、救出に3日を要するという事件が発生したばかりです。

しかも今回は、それを上回る予想となっており、日本海側の豪雪地帯は勿論、瀬戸内や太平洋側の平野部でも積雪が予想されています。

30日、31日に移動を予定してる方々も多いと思うので、事前に予想されてる悪天候を充分に考慮した上での行動が必要ですね。


また、31日は朝から積雪で交通網が麻痺してる可能性があるので、できれば明日30日中に、必要な買い物等は終えておく方が無難です。

通常?の年末の買い物に加えて、16日の大雪によって各地で発生した様な停電や断水などのインフラ停止に備えておく事も重要かと思われます。


という訳で、実は、2020年最後のブログは別の記事を用意してたのですが、準備してるその他の記事も含めて新年に改めてUPしていこうと思います。


では、来年こそは良い年であります様に。 良いお年を。
スポンサーサイト



台風10号 接近中

2020年9月1日 台風10号が西日本に向かって北上を開始しました。

過去の台風の記事
2019年 19号 災害への準備

2018年 21号による被災とその後。当時の教訓など


現在、沖縄~長崎西岸にかけて台風9号が猛威を振るう中、数日後に、日本に台風10号が直撃する予測が出ていますが、この10号はちょっとマズい事になりそうな予測となっています。


まず、上陸地点ですが、これは現時点では全く予想が難しいのですが、太平洋側から北上してくる事は間違いないので、現時点では九州東岸~豊後水道~四国太平洋側~紀伊水道~紀伊半島~伊勢湾付近までかなり幅が広いです。

その幅広い予想地域の中でも、現時点では大隅半島から豊後水道~四国西側あたりが濃厚ですが、まだまだ進路は変化すると思われます。

そして何よりもその勢力予想がちょっと尋常じゃありません。

現時点での米軍やECMWFの予想で925hPa以下というとんでもないモンスターで、予想によっては909hPaなんて数字が見え隠れしています。

日本の三大台風と呼ばれてる伊勢湾台風、室戸台風、枕崎台風なんかと同等かそれ以上の勢力で上陸してくる可能性が指摘されています。

従って、進路や上陸場所とは関係無く、西日本の広範囲でとんでもない被害をもたらす可能性があります。


地震とは異なり、台風は事前に接近が判るので、どうか良く情報を見て、何をどうすれば良いか?充分に備えましょう。


我が家では、現時点で、以前の被災直後に準備した物資や、コロナ災害用の物資がかなりあるので、それらを点検確認する作業中です。


台風10号は早ければ9月5日には上陸しますので、もうあと数日しか準備期間はありません。

進路に当たる地方はもとより、西日本にお住まいの皆さま、どうか充分に備えて下さい

2020年9月2日 追記

台風10号の予想進路ですが、当初の予想よりかなり西側になりそうです。

なので、大隅半島側もですが、薩摩半島側もかなり危険で、それはつまり、熊本の被災地を襲う可能性も出てきてるという事になります。

全く予断を許さない状況になりそうなので、重ねて警戒を強めて下さいませ。

2020年9月3日 追記

どうでしょうか?昨日よりも尚、かなり西側に逸れて、九州を外れて東シナ海を北上するコースになりつつあります。それでも台風の東側になる九州は相当な被害が出る可能性があるので最大級の警戒は必要ですが、何とか更にもう少し西側に逸れてくれることを祈りたいですね。

2020年9月4日 追記

準備期間は後2日。暴風圏内に入る可能性がある場合は、出来るだけ早く、可能な限りの準備を。盲点になりがちなのは車のガソリンとか、現金ですので、忘れずに準備を。

2020年9月8日 追記

事前の警告もあって、かなりの警戒態勢と、色んな幸運も重なって、想定された大きな被害にはならなくて不幸中の幸運と言うと語弊がありますが、どうにか過ぎ去ってくれましたね。そうは言っても被害にあわれた方も多いので、言葉が難しいですが。

感染拡大阻止か経済活動か?

とりあえず、むさいさん、本当にありがとうございます!ご指摘頂かなければ永遠に気づかなかったと思うので、本当に感謝してます!(^^)/


さて。

お陰様で特別給付金も届き、どうにかこうにか決定的破綻を回避しています。

大阪在住なので、大阪府が独自に行ってる、休業要請外事業者への救済措置にも申請しましたが、色々とハードルが高過ぎて、これは当てにしませんw

この給付金の発想が、そもそも申し込んでくるなよ?という発想なのでね。自宅の登記簿とか実印とかまで必要でした。
もちろん、疚しいことが無ければどうでも良い話ですが、気分はめちゃくちゃ悪いです

それはそうと、再び大きな波に襲われようとしてる訳です。

私の個人的な感覚では、以前と同じ様な緊急事態宣言は、今直ぐに必要だとは思えません。だって、現時点では何も逼迫してませんからね。

だけども、感染拡大が進んでることは間違いないので、緊急事態への覚悟と備えを行う時期だろうと思います。


この大災害への対処について、感染症の拡大を防ぐには、人と人との接触機会を出来るだけ減らさねばなりません。人から人への感染するのですからね。

ところが、それを実行すると、経済活動が阻害されます。全人類が2カ月ほど家に籠って、学校にも仕事にも行かなければ、恐らく完封勝利出来ます。

だけど、それでは飢え死にしてしまうケースが発生します。人類が数万年に渡ってコツコツと築きあげ構築した社会システムが崩壊します。

でもね?そうなろうとしてるんですよね・・・


できれば、山中教授の言うファクターXが発見特定されて、我々日本人が被害を受けない理由が判れば良いのですがね。

今は、命を守れ派と経済を守れ派の2つに世論が分かれてしまってて、欧米諸国と全く同じ展開になってきてるので、そういう面からも色々と心配です。


個人的には、もうとっくに新たな食い扶持を求めて努力しなくてはいけない段階に入ってしまってるので、出来る限りは頑張ろうと思ってますが、もうそこまで若く無いので、どこまで出来るかは未知数です。

とりあえず、致命的ダメージを受け始めた4月頃からコツコツと準備してきた事があるのですが、あと少しで許認可を貰えそうな所まで来たので、これを実現させるために全力を費やそうと思ってます。

もちろん、そんな甘い話では無く、更に必要な事項が多くあるので、更にしっかり勉強して万全を期して事に当たろうと思ってます。

助かった!

お陰様で、持続化給付金が届きました!

自分の勘違いで一回訂正作業がありましたが、それが無ければもっと早かったと思われます!

とりあえずの支払い等を済ませると即座に消えてしまうとは言え、これが無ければ今月には廃業するしか無かった訳で、なんとか時間は稼げましたw

今月、正常化へ向かって多少なりとも売り上げが上がり始めれば、それだけまた延命が可能となりますが、年金や保険料の支払いが一気に押し寄せて来る季節でもある訳でして、果たしてどう乗り切ろうかと、悩みは尽きません。

それにしても、阪神淡路大震災や、東日本大震災その他の大規模自然災害で、破滅的な被害を受けた方々の事を思うと心が痛みますね。

ここまで手厚い救済策は無かったんじゃないかな?と思うので。

そして被害は、瞬時に家屋を始めとする全財産が破壊される、という物理的な被害だった訳で、改めて想像を超えたご苦労だったろうと思います。

ちなみに、これを書いてる時点の2020年6月3日現在では、まだ特別給付金もマスクも届いてません^^;

申請書が到着したのがつい先日ですからね・・

マスクはともかく、特別給付金は、無収入の我が家の飯の種なので、非常に待ち遠しいですw

これらの救済策によって、即座に露頭に迷う状況からは救われましたが、問題はここから仕事が復活できるか?という現実的な話ですよね。

正直、今まで通りにはいかないと思われるので、この間に色々と新しい試みに僅かばかりの蓄えを投資してますが、無収入な状態が続いてる状況下では、投資できる金額が僅かである為、どうなるものやらw

それでも、どうにか食い扶持を見つけて生きて行かないと、ね。

特別定額給付金 申請用紙が届いた!

ようやく手元に届きました!

「特別定額給付金」の申請用紙!


これでどうにか丸2カ月無収入の我が家に、久しぶりの収入です。いや、収入というのはちょっと違いますね。国からの救済の手が届く目処がついた、という事です。

申請用紙ですが、市町村によって多少の違いがありますが、手元に届いたのは、ネットとかで見てたものとほぼ同じ。

ネット等で見たものと大きく異なる点は、自分で書くのは、日付と電話番号と口座情報だけ、というシンプルなものでした。

それ以外の情報は既に印字済みw

なので、詐欺も糞も無い訳です。


めっちゃ親切設計で、これもネットやメディアで話題になった、「不要の人用のチェック欄」ですが、目立つ様にしっかりと注意書きがありましたし、もうこれで間違えるなら、何をやっても間違えるでしょ・・・というデザインになっていました。


というか、1億人以上の国民がいる日本で、緊急事態に際して、全国民対象に何かやろうと思えば、通知だけでもこれだけ時間が掛かる、という事は覚えておいて良いかな?と思いますね。この点は、麻生財務大臣が指摘してたのは正しかった訳ですw


我が家としては、別途で、コロナの影響で収入が激減した個人事業主に当てはまりますので、持続化給付金の申請も行ってまして、これは確か前回のブログの更新時だったので5月15日に申請を行いました。

で、10日後に、「申請内容に不備」という事で、再申請を行いましたw

どこに不備があったかと言いますと、「2019年同一月の売り上げ」の項目でした。

申請のガイドライン」をしっかり読むと最初の方に書いてあるのですが、思いっきり読み損ねてました。

ここで読み損ねると、以降は、この項目については必ず間違えますw

白色申告者は、前年度の月別売り上げ詳細の証明が出来ないので、通年売り上げ合計を12で割った金額を使う、と書いてあるのですが、それは青色申告者への別の注意書きが赤や黒の太字で書かれてる隙間に、普通の文字で書かれてあるのでしたw

一見すると、青色申告者への注意書きの中に見える文内に、注意を要しない部分に書かれてある様に見えるので読み飛ばしてしまってたのでした。

そんなこととは知らず、前年同月の売り上げなんかは、苦も無く判るので、その金額を記入していた訳です。

よく考えれば、事業主側はそりゃ苦も無く判るでしょうけども、国側にはそれが正確かどうか判別する術が無い訳で、だから審査を簡便化する為に講じられた方法だという事ですよね。

これもかなり親切設計になってました。

まぁ、まだその結果がどうなったのか?は判明してませんがw

どうせ6月も大赤字は免れない我が家。3月も大赤字でしたので、4カ月間の絶望的な赤字を完全に埋め合わせるには程遠い訳ですが、この2つの給付金が降りれば、大いに助かる事は間違いなく、少なくとも今すぐ廃業して生活保護でも申請するしか無くなる状態までの、とりあえずは時間稼ぎは出来ます。

もう良い歳なので、以前に失業した時の様に肉体労働で一時しのぎもキツイですしw、この世界的大不況の中では到底、何かの職業にすぐにありつける期待も持てませんのでね・・・

どうにか時間を稼いで、以前と比較して稼ぎが減ろうとも、元の仕事で食つなげるまでに努力するしか無い訳でして。

しかし、どうにかもう一段の救済策が出て欲しいもんですね・・・いつまでもそんな事を言っててもキリが無いのは判ってますが、これ、売り上げが元に戻る、いや、少なくとも従来の7割程度まで戻るには、かなり掛かりそうですよね・・

多くの飲食店や、ホテルや旅館といった宿泊業、ライブハウス、カラオケ店、健康ジム的な所とか、業種によってはこの先数か月以上は見込めないでしょうから、これから時間差で大量廃業、大量失業時代が到来する可能性が高いと思うんですよね・・・困ったものです。
ランキングと本家サイト
カテゴリ
プロフィール

inular

Author:inular
INULAR.NETの管理人による、寝言とか小言とか、そういうアレです。はい。

最新記事
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ