FC2ブログ

ガパオチキンバジル!

いなばの缶詰、カレーシリーズに何故か組み込まれてる、ガパオチキンバジルを試してみました。

DSC02917.jpg


ちなみに、もう一つ、とりそぼろとバジルという名の商品もありますが、恐らく同じ物じゃないかなぁと思いますw 違ったら済みませんw

ガパオライスって、もう20年以上前にどこかのファミレスだったかで一回だけ食べた事があるのですが、「美味しかった」という感想以外は何も覚えてないんですよね。。他の何かと間違ってるかも知れませんw


なので、一応調べてみたら、なんと!

ガパオライスって言う料理は、本場のタイには無いという衝撃的な情報w これは日本で名づけられた料理名だそうです。イタリアンとかナポリタンとかトルコライスとかと同じアレですね。


さらに小ネタですが、「いなば」のこのカレーシリーズですが、基本的に全てタイで製造されてます。だからタイカレーが一番美味しく仕上がってるのかなぁ?


さてさて、では実食!


と、缶詰を開けた瞬間に・・・めっちゃ苦手な匂いが・・・・


はい、実は私は、オイル漬けになってる肉系の缶詰の匂いが物凄く苦手なのですw 肉では無いですがシーチキン類も苦手なのです。

あと、ムール貝もお店で食べるのは大好物ですが、缶詰は無理。牡蠣も同じ。あの独特の匂いが駄目なんです。

決して、ニンニクやバジル、ナンプラーとかの香りではありません。そういう類の匂いはむしろ好きですからね。


もういきなり嫌な予感に満たされてしまいましたが、そこは「いなば」のカレーシリーズ(いやカレーじゃ無いけども!)。

いい加減な商品を作る企業ではありませんので、ともかく個人的に苦手な匂いというだけの話なので、どうにか食べようと思います。


ご飯にかけてレンジでチンした時点でも、もうここでギブアップしてしまいそうな匂い・・・ホント苦手な匂いです。臭いというのとは違って、何というか・・・そう、苦手な匂いです。


意を決して一口だけ口に入れました。


ほら、やっぱり・・・


めっちゃ旨い!!w 想像以上に激ウマ!!

DSC02920.jpg


一瞬で匂いも気にならなくなりました。調理されてる素材そのものの香りが、今までの匂いを吹っ飛ばしてくれて、まぁなんと美味しい事でしょうかwww


味としては、タイカレーシリーズに似てる感じですかね。ほど良く辛くて、ほど良く甘い。そして尾を引く旨味。後味がずっと美味しいのは、タイカレーと同じですね。ちなみに、バジルの存在感はあまりありません。

個人的には、同じいなばのカレーシリーズのインドカレー系よりも断然美味しいと思います。やっぱりタイで作ってるからかなぁ?w

最初に匂いさえ克服できれば、毎日でも食べたい旨さです。いやマジで。


ちょっと調べると、この缶詰に関しては、この匂いについての意見が結構ある様です。

先にも書きましたが、この問題の匂いの原因ですが、ネットで見ると、ニンニクだとか言ってる人もいるみたいですが、たぶん違います。

個人的に、ニンニクの匂いは苦手じゃ無いですし、バジルとかナンプラーとかそういう特殊なモノではなく、他社の全く別料理の缶詰(たぶん鶏肉)でもある匂いなので、恐らくは保存用のオイルと鶏挽肉が原因だと思います。ホテイの焼き鳥の缶詰とか、その類似品でもこの匂いが気になることがありますからね。

ドッグフードの匂いと言ってる人がいましたが、個人的にはそこまでとは思いませんが、当たらずとも遠からずという感想です。どこかで嗅いだことがある匂いなんですよね。


そんなかなり癖のある匂いですが、一口食べた瞬間に関係無くなり、美味しさが全てを圧倒してしまうから面白いですよね。

何度も書きますが味は抜群です。もちろん、個人の好みによりますが、タイカレーが好きな人なら絶対に美味しいと感じると思いますね。


という訳で、賛否両論あるガパオチキンバジルの実食レポートでした。

久しぶりの缶詰カレー

新年早々から新型コロナのお陰で、昨年までは夢にも思わなかった様な状況になってる2020年。

個人的にも色んな問題を抱えてしまい、しかもこの酷暑猛暑で心身ともに疲れ果ててしまっておりますw

そんな最中、とうとう台風の季節に突入。この件はまた防災のコーナーで取り上げますが、迫りくる台風に備えて、備蓄品の点検をしていると、すっかり忘れてたコレクションを発見w

まだ賞味期限までには余裕があるのですが、忘れない内に食べてみようという事に。

それがコレ。

DSC02906_600.jpg

これは、以前に紹介したいなばのカレーシリーズなのですが、100円ローソンとかで売ってるヤツです。

実は、以前、このシリーズをプレゼントで頂戴したのですが、そのまま忘れてしまってたのでしたw

DSC02915_600.jpg

左側のタイカレー・シリーズは、以前に紹介したものと同じなのですが、内容量がちょっと少ないのです。
その代わり、100円です。正直、この量でも充分に堪能出来る美味しさです。

中央のインドカレー・シリーズですが、今回、うっかり黒を食べてしまってからこの写真を撮影したので、ここには映ってませんが、幸いにも食べる直前に撮影した写真があるので上に載せてます。

そして、カレーに交じって、何故かガパオライスもありましたが、これはまた別途で感想文を書こうと思います。

さて、では黒カレーを食べてみます。

DSC02910_600.jpg

言う程黒く見えませんが、実際にはもう少し黒く見えます。

味は、まぁ、普通に美味しいです。美味しいのですが、これは好みの問題でしょうけども、自分にとっては、ちょっとコクが足りないと言うか、その結果として後味が微妙でした。良く言えばとてもサッパリしてると言えます。

タイカレーは、もっとずっと後味が尾を引く感じの美味しさですかね。個人の好みの問題ですw

それはそうと、このインドカレー、中のお肉ですが、しっかりした牛肉が結構しっかり入ってて、それはとても美味しいです。

※2020年10月訂正
この黒カレーですが、よく見るとちゃんと「チキンとインドカレー」って書いてますよね?ええ、そうです。牛肉では無く、チキンでした。その違いも判らないのか!というお叱りを頂きましたw でも牛肉と間違うくらい美味しい出来上がりだったのです。。いや、すみません。

ところが、インドカレーって、牛肉入ってて良いんだろうか?という根本的な疑問が頭の中を支配してしまいましたw

※はい。牛肉じゃありませんw という訳で、牛肉じゃ無くチキンなので問題無しw

ま、美味しければ万事OKですね。

という訳で、久しぶりのいなばのカレーでした。


2019年 開始はカレーから!

もう1月も終わろうとしてますが、明けましておめでとうございます。

いつか書こうと思ってたのですが、今回は超有名な缶詰カレーのご紹介。

ちなみに私はカレー大好き人間で、あちこちのカレーを食べてきました。
というか、学生時代はカレー屋さんで長らくバイトさせて頂いた経験もあり、そこそこカレーには詳しいです。

そんな私が一押しする缶詰カレーは、

「いなば」のタイカレーシリーズです!!

では早速。
DSC01135.jpg

これはスーパーで売ってるシリーズで、125gのやつですが、115gのシリーズもあります。
「いなば」のカレーには他にもインドカレーやバターカレーなどのラインナップがあります。

ですが。。。

お勧めは何と言ってもタイカレー3兄弟!! 3つとも素晴らしく美味しいんです!

まずはグリーン!
DSC01140.jpg

色が色なので、一見美味しそうに見えないと思う方もいらっしゃると思うのですが、ところがどっこい。
DSC01391.jpg

これが本格的なグリーンカレーでして、濃厚な旨味と芳醇なスパイスの香りが絶妙。辛さも丁度良く、誰にでも受け入れられる辛さに仕上がっており、量もまた丁度良いんです。

ご飯の量は自分次第なのでそこで多少調節すれば良いのですが、私はお昼ならこれで丁度お腹一杯です。
もちろん個人差はあると思いますがw

夕飯としては一缶でお腹一杯になる量では無いですが、120円前後という事を考えれば激安です。

ではイエロー!
DSC01138.jpg

DSC01705.jpg

はい!もう美味しそうですね~w

味や香りに関しては、文字にするとどれも同じになってしまうので割愛しますが、3兄弟で一番ノーマルというか食べ易い仕上がりなのかな?という感じです。

そしてレッド!
DSC01137.jpg

レッドは何故か2種類のデザインがありましたが、まぁ、どちらかが新しいのでしょうw
DSC01769.jpg

DSC01771.jpg

はい!これはもう見た目からして辛そうですね~!

だけど、他のと比べてそこまで辛いか?と言えば、たぶんそんなに変りませんw だけどこれもまた旨いんです。

最初の方にチラっと書きましたが、これらは内容量が125gのシリーズです。

         

ですが、内容量が115gで数十円安いシリーズも販売されていて、そちらはコンビニ等で売られてるのをよく見かけますね。

ご飯さえあれば、手軽にレンジでチンして食べられる本格的タイカレー。夜中に小腹が減った時など、一缶で充分に満足できます。

ただし、カレーですので、夜中にコッソリ食べようとしても、その美味しそうな香りで家族からクレームが出る可能性はありますので、そこだけゴ注意くださいませww

2019年一発目は、「いなば」の大人気カレーでした!! では、今年もダラダラやって参ります!!

ほぼカニとキムチ貝ひも

別に目新しいものでは無いですが、ずっと買ってみたかった奴です。

「ほぼカニ」
DSC00314.jpg

カマボコで有名なカネテツデリカフーズの人気商品ですね。
DSC00319.jpg

当然ながら、カニカマなのですが、このパッケージでこのネーミングで、カニ酢が付属してるとなると、普通のカニカマより多少は高くてもそれなりに買ってみたくなる訳です。はい。
DSC00321.jpg


食べた感想は・・・「うん、美味しいカニカマ!」でしたねw
DSC00322.jpg

カニ酢にカニカマを浸して食べるのは、かなり美味しいことが判りました。

だけど、そこまで「カニみたいな味」では無く、そこはやはりカニカマの味でしたね。
美味しいカニカマ、というのが感想でした。


では普通の安いカニカマを同じ様に食べたらどうでしょうか?と試した結果、もっと普通にカニカマでしたw
「ほぼカニ」はやはり上質のカニカマだった様です。

さて、安いカニカマの手軽で美味しい食べ方は無いものか?と考えた結果、

焼き蟹風カニカマに挑戦してみることに!
DSC01001.jpg

軽く小麦粉をまぶしてから、フライパンに薄く油を引いて、ちょっと焦げるまで焼いてみました。
DSC01002.jpg


食べた感想は・・・「うん、焼いたカニカマ!」でしたww

数本だけなら美味しいかも知れません。何本も食べると飽きますw



では次のおつまみです。


上野珍味の「キムチ貝ひも」です!
DSC00539.jpg


これはかなりのお酒のつまみですね~

はい、意味が判りませんね~w


いや、実に美味しい!おつまみにピッタリな逸品です。

しかし、何事にも長所短所がある様でww


まず、キムチを使った料理全般に当て嵌まることですが、味は「キムチ味」になります。当たり前ですがw
要するに何でもかんでも「キムチ味」になるだけですので。

なので、キムチが嫌いな人には向かないかも知れませんね。

それと、美味しいのでつい食べ過ぎるのですが、アゴにかなりの負担が掛かるので、途中から租借が難しくなってきますw
そんなに食べるから悪いのですが、美味しいので、また一口、また一口と手が伸びてしまい・・・

そんな事を数日も続けてると、アゴと連動するコメカミの筋肉に、今にも疲労切断するかの様な痛みを感じ、それが更に進行して頭痛にまで発展www

これを連続して食べるのは厳しいかも知れませんw


キムチが好きな人にとっては、味は美味しいので、適量を食べるぶんには、おつまみレベルはかなり高めだと思います。

今回はここまで。

なとり 酒肴逸品シリーズ

今回は、酒の肴の中でも有名で、比較的入手しやすい、なとりのシリーズを紹介。

なとりさんは、おつまみや酒の肴の定番企業の一つで、商品の種類が大量にあるので、それはそれとして。

酒肴逸品シリーズ」には、現時点では5品ですね。

・ほたて塩焼き
・うずらの味付けたまご
・砂肝七味焼き
・つぶ貝燻製
・焼き貝つぼ焼き風味

こういう物は、基本的に個人の好みの問題でしか無いので、他人の評価はあまり参考にならないんですよねw
実際に食べてみないと、口に合うかどうかなんて判りません。

なので早速食べてみました。

うずらの味付けたまごと砂肝七味焼きはダイジェストでw
どちらも美味しいのですが、途中で飽きましたw 長時間食べ続けるタイプでは無く、一口二口で満足な感じでした。
普通、おつまみってそんなもんなんですがねw

で、次に。

DSC02762.jpg

まぁまぁ、貝の缶詰的な、正直よくある味と言いますか、逆に言うと、おつまみの王道的な味と言いますか。
ただ、貝の食感は、やはり酒の肴としては優秀だな、と思いますね。

そして。

DSC02766.jpg

これは、ホタテが好きな人にはオススメです。ベビーホタテサイズのホタテ貝ですが、良い塩加減と良い香り。
のんびり一口、また一口と食べ続けても飽きませんでした。(個人の好みですがねw)

ラスト!

DSC02764.jpg

はい優勝!これが断トツで優勝!!!間違いありませんw

いや、これは目茶苦茶に美味しいです!貝の種類は「トップシェル」という事ですが、和名は「アカニシ貝」
この商品の中身は小粒の身ですが、もっと大きくなる貝で、その味が!

そう、まるでサザエなんですね~ 本当にサザエのつぼ焼きを食べてる様な味と食感。
香り立つ磯の香り、焦げた醤油の香ばしさ、シコシコとした独特の食感。そして口の中にほんのり残る苦味。
いや、これはウマイ!

実際、wikipedia情報ですが、サザエとして加工されて販売されるケースもあるらしく、つまり、とにかく美味しい貝なんですね。

サザエは海藻食で、アカニシ貝は、アサリやカキなどの他の貝類をエサにする肉食。
全く異なる食性なのに、味がこれだけ似てるのは不思議ですよね。

要するに、このシリーズでは、私は 「貝」 が美味しく感じたってことですね。

   
ランキングと本家サイト
カテゴリ
プロフィール

inular

Author:inular
INULAR.NETの管理人による、寝言とか小言とか、そういうアレです。はい。

最新記事
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ