FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほぼカニとキムチ貝ひも

別に目新しいものでは無いですが、ずっと買ってみたかった奴です。

「ほぼカニ」
DSC00314.jpg

カマボコで有名なカネテツデリカフーズの人気商品ですね。
DSC00319.jpg

当然ながら、カニカマなのですが、このパッケージでこのネーミングで、カニ酢が付属してるとなると、普通のカニカマより多少は高くてもそれなりに買ってみたくなる訳です。はい。
DSC00321.jpg


食べた感想は・・・「うん、美味しいカニカマ!」でしたねw
DSC00322.jpg

カニ酢にカニカマを浸して食べるのは、かなり美味しいことが判りました。

だけど、そこまで「カニみたいな味」では無く、そこはやはりカニカマの味でしたね。
美味しいカニカマ、というのが感想でした。


では普通の安いカニカマを同じ様に食べたらどうでしょうか?と試した結果、もっと普通にカニカマでしたw
「ほぼカニ」はやはり上質のカニカマだった様です。

さて、安いカニカマの手軽で美味しい食べ方は無いものか?と考えた結果、

焼き蟹風カニカマに挑戦してみることに!
DSC01001.jpg

軽く小麦粉をまぶしてから、フライパンに薄く油を引いて、ちょっと焦げるまで焼いてみました。
DSC01002.jpg


食べた感想は・・・「うん、焼いたカニカマ!」でしたww

数本だけなら美味しいかも知れません。何本も食べると飽きますw



では次のおつまみです。


上野珍味の「キムチ貝ひも」です!
DSC00539.jpg


これはかなりのお酒のつまみですね~

はい、意味が判りませんね~w


いや、実に美味しい!おつまみにピッタリな逸品です。

しかし、何事にも長所短所がある様でww


まず、キムチを使った料理全般に当て嵌まることですが、味は「キムチ味」になります。当たり前ですがw
要するに何でもかんでも「キムチ味」になるだけですので。

なので、キムチが嫌いな人には向かないかも知れませんね。

それと、美味しいのでつい食べ過ぎるのですが、アゴにかなりの負担が掛かるので、途中から租借が難しくなってきますw
そんなに食べるから悪いのですが、美味しいので、また一口、また一口と手が伸びてしまい・・・

そんな事を数日も続けてると、アゴと連動するコメカミの筋肉に、今にも疲労切断するかの様な痛みを感じ、それが更に進行して頭痛にまで発展www

これを連続して食べるのは厳しいかも知れませんw


キムチが好きな人にとっては、味は美味しいので、適量を食べるぶんには、おつまみレベルはかなり高めだと思います。

今回はここまで。
スポンサーサイト

なとり 酒肴逸品シリーズ

今回は、酒の肴の中でも有名で、比較的入手しやすい、なとりのシリーズを紹介。

なとりさんは、おつまみや酒の肴の定番企業の一つで、商品の種類が大量にあるので、それはそれとして。

酒肴逸品シリーズ」には、現時点では5品ですね。

・ほたて塩焼き
・うずらの味付けたまご
・砂肝七味焼き
・つぶ貝燻製
・焼き貝つぼ焼き風味

こういう物は、基本的に個人の好みの問題でしか無いので、他人の評価はあまり参考にならないんですよねw
実際に食べてみないと、口に合うかどうかなんて判りません。

なので早速食べてみました。

うずらの味付けたまごと砂肝七味焼きはダイジェストでw
どちらも美味しいのですが、途中で飽きましたw 長時間食べ続けるタイプでは無く、一口二口で満足な感じでした。
普通、おつまみってそんなもんなんですがねw

で、次に。

DSC02762.jpg

まぁまぁ、貝の缶詰的な、正直よくある味と言いますか、逆に言うと、おつまみの王道的な味と言いますか。
ただ、貝の食感は、やはり酒の肴としては優秀だな、と思いますね。

そして。

DSC02766.jpg

これは、ホタテが好きな人にはオススメです。ベビーホタテサイズのホタテ貝ですが、良い塩加減と良い香り。
のんびり一口、また一口と食べ続けても飽きませんでした。(個人の好みですがねw)

ラスト!

DSC02764.jpg

はい優勝!これが断トツで優勝!!!間違いありませんw

いや、これは目茶苦茶に美味しいです!貝の種類は「トップシェル」という事ですが、和名は「アカニシ貝」
この商品の中身は小粒の身ですが、もっと大きくなる貝で、その味が!

そう、まるでサザエなんですね~ 本当にサザエのつぼ焼きを食べてる様な味と食感。
香り立つ磯の香り、焦げた醤油の香ばしさ、シコシコとした独特の食感。そして口の中にほんのり残る苦味。
いや、これはウマイ!

実際、wikipedia情報ですが、サザエとして加工されて販売されるケースもあるらしく、つまり、とにかく美味しい貝なんですね。

サザエは海藻食で、アカニシ貝は、アサリやカキなどの他の貝類をエサにする肉食。
全く異なる食性なのに、味がこれだけ似てるのは不思議ですよね。

要するに、このシリーズでは、私は 「貝」 が美味しく感じたってことですね。

   

くそ辛いわっ!!w

夜中に仕事をする訳ですが、いつも適当にお酒も飲みながらです。

そんな中で食べてみて実際に美味しかったおつまみを紹介しようと前から思ってたのですが、なかなか面倒なのでネタばかり貯まって記事になりませんでしたが、遂に始めます!w

切欠は、まさに今食べてるおつまみが驚異的だったからです。はいw

DSC00795.jpg

封が切ってあるのが判るかと思いますが、普通、紹介記事を書く場合、封を切る前に写真を撮りますよね?

でも、これは切ってあります。何故なら、柿の種ごときで記事なんか書くつもりがなかったからです。
そして、ついさっきです。

2017年5月13日午前1:30ごろですよwww

何気に開けて、適当にバッサーっと、普通の柿の種を食べる要領で袋から直接口に流し込んで食べ始めた訳ですよ。

そして数秒後に悶絶地獄wwww

30分ほど経過した今もまだ舌が痛いですw 記事を書こうと決心するほど辛いですw

そう。

超・激辛でした!!

もちろん。、激辛って書いてありますし、「辛味が非常に強くなっております」という注意書きまであります。

衝撃の辛さで悶絶つつ、よく説明を読んでみますと、なんと「ハバネロの3.4倍」という沖縄産の「アカハチ」という唐辛子を使用しているそうで、いや、相当辛いですよ、コレw

辛い物好きな人は一度お試し下さいませ。。 「なとり 激辛柿の種」です。 後日、広告貼りますw はい、貼りましたw



今後、これまでにネタが貯まってることもあるので、「おつまみ」を紹介していく予定です、
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。